Human & Eco Energy
Menu
Human & Eco Energy Resources
Dev’t (M) Sdn Bhd

集荷方法

2009年の設立以来、私たちはサラワク州の工場を一軒ずつ訪ねて行き、交渉を重ねてきました。その結果、現在ヒューマン&エコはサラワク州の約30の搾油工場からPKSを集荷しています。主要な工場とは最大3年間の長期契約を結んでいます。
ヒューマン&エコが他社ともっとも異なるのは、あいだにブローカーなどの仲介者を挟まない直接契約であるということです。工場の担当者と顔が見えるお付き合いをして、風通しのよい信頼関係を築いています。

new-photo (1)

農園でのパームオイル収穫風景


工場とヤードをつなぐ

輸送手段

搾油工場からヤードへの輸送については、地元の運送会社10社以上と契約してスムーズな輸送体制を構築しています。毎日20~30トンクラスのトラックが一日平均5台ほど、ヒューマン&エコのヤードにPKSを運んできます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ヤードでPKSを下ろすトラック


集荷方法のちがい

従来の集荷方法

il1-700x248

他社の場合ブローカーなどの仲介業者が間に入る

ヒューマン&エコの集荷方法

il1

H&Eの集荷方法は工場との直接契約


専用ヤードには最大1万5千トンのPKSを保管可能

専用ヤードには最大1万5千トンのPKSを保管可能

PKS専用のストックヤード

ヒューマン&エコはPKS専用のストックヤードを備えています。広さ6000平方メートルのコンクリート敷きストックヤードには、最大1万5千トンの保管能力があります。ストックヤード周りは3メートルの壁に囲まれており、石や土、病害虫の侵入を防いでいます。


純度の高いPKS

工場から運ばれてきたPKSには石などの異物が混入している場合があります。また生産過程で濡れている場合もあります。そのためストックヤードでは、専門スタッフが時間をかけて丁寧に異物を取り除きます。また水分値の調整のために地面に広げて天日乾燥を行います。雨が多く降る雨季の季節は、PKSに専用キャンバスをかけて濡れるのを防ぎます。

専用ヤードには最大1万5千トンのPKSを保管可能

フィルターを使って石などを取り除く


輸出について

ヒューマン&エコはビンツル港から車で5分という好立地にあります。そのためヤードから港への輸送もとてもスムーズです。また輸出の際は必要な燻蒸処理の手配も行います。
ヒューマン&エコはマレーシア海運局より「PKSの海上輸送についての許可証」を取得しています。このような許可証を取得しているのはヒューマン&エコだけです。

ビンツル港での船積み

ビンツル港での船積み

PKS海上輸送についての許可証

PKS海上輸送についての許可証

This post is also available in: 英語